HOME
コンセプト
医院紹介(スタッフ紹介)
アクセス
予防歯科
インプラント CT画像診断センター
審美歯科
歯科口腔外科
小児歯科
矯正歯科
入れ歯
ホワイトニング
いびき・歯ぎしり外来
医療費控除について
お問い合わせ
お問い合わせ
予診表

提携先の歯科医院
 医療法人社団 四季会 市川歯科医院  医療法人社団 四季会 さくら歯科クリニック  医療法人社団 四季会 ひいらぎ歯科クリニック 文京ながはま矯正歯科

予防歯科

予防歯科とは

予防歯科の目的は「お口の健康を生涯維持し、美しい歯を育てる」ことです。小さなお子様であれば、虫歯が1本もないお口の環境をつくることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の再発予防、新たな虫歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。

残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、虫歯の原因となるバイオフィルム(細菌の集合体)や食べ物・お茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。正しいセルフケアに加え、定期的なプロのケアがあなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てるのです。

各国の70歳の残存歯数 各国の定期的に歯科クリーニングを受けている人の割合
歯科医のかかりかたと現存歯数

上の図からお分かりのように、欧米では虫歯や歯周病にならないため積極的に歯科医院を活用しています。日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「虫歯や歯周病にならないため、健康で美しい歯のお手入れに利用するところ、」という考えです。

結果、グラフにあるように70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。ずっと健康な自分の歯で美味しくごはんを食べたい方は、今から定期健診を始めましょう。基本的な予防歯科プログラムです。初診時は、カウンセリングでお悩み、ご希望内容をお聞きし、虫歯や歯周病、また、現在健康でもこの先問題が生じそうな部分のチェックを行い、ご説明いたします。(必要に応じて、レントゲン検査や、歯周組織検査を行います。)

お口の状態と生活環境にあわせ、その方に適した食事アドバイス、正しいホームケアを丁寧に指導し、歯石およびコーヒー、お茶、タバコなどによる歯表面の着色除去、PMTC(プロが行うクリーニング)*、フッ素療法を行います。


<期待できる効果>

  1. 虫歯、歯周病、口臭の予防
  2. 歯の着色除去により、自然な白さと輝きを取り戻す
  3. 歯質の強化
  4. リフレッシュ効果(汚れや細菌をクリーニングし、歯肉のマッサージ効果もあるので、お口の中がさっぱり清潔になります。)

*PMTC(プロが行うクリーニング)
PMTC は、虫歯や歯周病の予防手段の一つで、ハミガキで落とすことができない汚れ(バイオフィルム:細菌の集合体)を集中的に磨き落とすプロフェッショナルクリーニングです。バイオフィルム*を定期的に磨き落とすことは、虫歯や歯周病の予防に大きな効果があります。

*バイオフィルムの出来やすい場所
「歯と歯の間」、「奥歯のまわり」、「歯と歯ぐきの境目」、「かぶせ物のまわり」

バイオフィルム01

薬剤で歯に付着しているバイオフィルムを染めだし、ブラッシングの苦手箇所、問題が起こりそうな部分をチェックします。

バイオフィルム02

専用の機器を使用し、バイオフィルム、歯石、着色の除去を行います。

バイオフィルム03

フッ素入りのジェルを使って全体を磨き上げます。

フッ素の効果

再石灰化の促進
虫歯の原因菌がつくる酸で溶けてしまった歯の表面、すなわち虫歯になりかけた部分をもとに戻します。

歯質の強化
エナメル質と結びついて歯を丈夫にし、虫歯の原因菌がつくり出す酸に負けない強い歯をつくります。

歯の原因菌の活動を抑えます
虫歯の原因菌がつくる酸の産生を抑えます。


フッ素は、年に3〜4回塗ると効果的で、虫歯になる確率は半分くらいになると言われています。一回塗っただけで、しっかり効果が出るわけではなく、塗り続けることによって最大限効果が出ます。(フッ素は保険が効かない他院では、通常1000円くらいかかりますが、当院では、無料で行っております。)